国民年金未納保険料納付勧奨通知書(催告状)の送付

国民年金保険料の収納対策の一環として年金機構は「国民年金未納保険料納付勧奨通知書(催告状)」を2月15日~17日未納者に送付します。

Minou

詳しくは、

 ・国民年金保険料を納めていない期間がある方にお知らせをお送りいたします(2017.2.7)→ 
こちら 

| | コメント (0)

平成28年11月末現在の国民年金保険料の納付率 60.2% 前年同月比+2.5ポイントアップ

平成28年11月末現在の国民年金保険料の納付率が公表されました。

平成28年11月末の納付率は前年同月比+2.5ポイントアップの60.2%となっています。

○ 国民年金保険料の納付率(現年度分)の推移

Noufuritu2811

詳しくは、

 ・平成28年11月末現在 国民年金保険料の納付率について(2017.1.27)→ 
こちら

| | コメント (0)

個人保険・個人年金保険の保険料を4月に引き上げ 日本生命

日本生命保険は2日、個人保険・個人年金保険の保険料を4月に引き上げると発表しました。

長期金利の低下を反映し、契約者に約束する運用利回り(予定利率)を下げるためです。(現行1.35%から0.85%に0.5ポイント引き下げ)

年金保険は30歳で契約した男性が60歳から年60万円を10年間受け取る場合、保険料は月1万5306円から546円(3.6%)引き上げ。
Nissei
Nissei1
詳しくは、

 ・平成29年4月以降の個人保険・個人年金保険の保険料率改定等について(20017.2.2 日本生命)→ 
こちら 

| | コメント (0)

年金受給資格期間を25年から10年に短縮に伴う裁定請求書の手続き事務 平成29年8月実施

昨年11月、年金の受給資格を得るために必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が成立し、今年8月から施行されます。

年金事務所で請求手続きをすることにより10月から約64万人が新たに年金を受けられるようになる見込みです。

日本年金機構では、対象者「平成29年8月1日時点で、資格期間が10年以上25年未満の方」に対し「年金請求書(短縮用)」を生年月日順に2月下旬から7月上旬にかけて送付することにしています。

Saiteiseikyuutansyuku
詳しくは、

 ・平成29年8月から、老齢年金を受け取るために必要な資格期間が25年から10年以上に変更されます(2017.2.1)→ 
こちら 

| | コメント (0)

マイナンバーによる年金相談の実施

日本年金機構では、平成29年1月から基礎年金番号に加えマイナンバーによる年金相談が行えるようになりました。

基礎年金番号が分からない場合であっても、マイナンバーカード(個人番号カード)を提示することで、相談を行うことができます。

将来的には、マイナンバーを届出ることで、氏名変更届の提出や、これまで各種申請時に必要としていた住民票などの添付書類の提出を省略できるようにする予定です。


詳しくは、

 ・日本年金機構におけるマイナンバーへの対応(2017.1.11)→ 
こちら 

| | コメント (0)

【社説】地方議員の厚生年金加入

2011年に廃止された地方議員年金制度をめぐり、全地方議会の半数以上の29道県議会と8政令市を含む871市区町村議会で、議員が厚生年金に加入できるよう国に法整備を求める意見書が可決されています。

地方議員の厚生年金加入/市民感覚とは相いれぬ

(2017.1.30 
河北新報

 若者の政治参加を促し、地方議会を活性化したいという主張に異論はないが、市民感覚からすると、かつての「特権」を取り戻そうとしているようにしか見えない。
 地方議員たちが厚生年金に加入できるようにしてほしいと、国に法整備を求めている問題である。
 各地の議会で続々と意見書が可決され、その数は少なくとも29道県議会と8政令市を含む871市区町村議会に上り、全地方議会の半数以上を占める。東北でも青森を除く5県議会などが既に可決している。
 2011年に廃止された地方議員年金制度に代わる措置として、厚生年金への加入を可能にし、引退後の生活不安による「なり手不足」を解消したいという。
 だが、全国各地で政務活動費を巡る不正が相次ぎ、地方議員の公金意識には厳しい視線が向けられている。新たに巨額の公費負担が必要となるだけに、国民の理解が得られるとは考えにくい。
 そもそも厚生年金に加入できるからといって、若い立候補者が増えるものでもあるまい。本当に地方議会の活性化を目指すのであれば、まずは信頼回復と議会改革の取り組みを急ぐべきだろう。
 かつて地方議員には、自身の掛け金と自治体負担で運営される独自の年金制度があったが、「平成の大合併」などで地方議員の数が減って積立金が枯渇したことや、受給資格を得られる年数が短く、「特権的」との批判を浴びて廃止された経緯がある。
 このため、現行制度で専業議員が加入できる公的年金は基礎年金の国民年金しかなく、老後への不安を訴える声が強まった。意見書可決を呼び掛ける全国都道府県議会議長会などは、政治に意欲があっても将来不安や家族の反対で立候補を見送る若い世代が多いと主張している。
 しかし、基礎年金だけでは老後の暮らしが成り立たないと言うのなら、年金制度の改善に向けて行動するのが政治家の役割だ。そこに目をつぶって、自分たちだけ安定した年金収入を確保しようとするのは筋が通らない。
 公務員であれ、民間企業のサラリーマンであれ、常勤またはそれに近い形態で働き、保険料を支出して支えているのが厚生年金である。地方議員の活動形態とは根本的に異なり、なじみにくいといった問題もあろう。
 地方議員の厚生年金加入を可能にすれば保険料は雇用者である自治体との折半となるため、総務省の試算によると新たな公費負担は年間約200億円に上る。さらに廃止されたとはいえ、かつての地方議員年金の受給資格者への給付は今後約50年続き、これにも1兆円超の公費が必要と推計されている。
 意見書は、やはり一般的な市民の金銭感覚とかけ離れていると言わざるを得ない。

| | コメント (0)

平成29年度 国民年金保険料の前納額

平成30年度の国民年金保険料額が公表されたことに伴い、平成29年度の国民年金保険料の前納額が決まりました。

【平成29年度 国民年金保険料の前納額】

H29zennou

※ 申し込み期限

 ・口座振替、クレジットカード払い・・・平成29年2月末

 ・現金納付・・・平成29年4月末

   
詳しくは、

 ・平成 29 年度における国民年金保険料の前納額について(2017.1.27)→ 
こちら 

| | コメント (0)

年金制度維持なお不安 17年度の受取額0.1%減

年金制度維持なお不安 17年度の受取額0.1%減

(2017/1/28 nikke.com)

 厚生労働省は27日、2017年度の公的年金の支給額を0.1%引き下げると発表した。16年平均の消費者物価指数が低下したためで、6月に支払う4月分から変更する。ただ物価が下落したことで、年金制度を長持ちさせるために年金支給額を物価や賃金の動向よりも抑える「マクロ経済スライド」は来年度も発動しない。将来の年金制度維持の不安は消えない。

 年金額は賃金や物価の変動に合わせて増やしたり減らしたりしている。国民年金を満額で受け取っている人は16年度と比べ月あたり67円減の6万4941円となる。厚生年金を受け取る標準世帯(夫が平均的な給与で40年働き、妻が専業主婦)では227円減の22万1277円となる。

 年金制度を長期的に維持するためには、現役世代の所得に対する年金額の比率である所得代替率を将来的に50%程度まで落とす必要がある。所得代替率は14年時点で62.7%。給付の抑制が進まなかったために、04年と比べて逆に約3ポイント超上がってしまっている。

 マクロ経済スライドは今回も発動しない。物価下落時には発動しない仕組みのためで、今まで発動されたのは15年度だけだ。年金保険料の引き上げは来年度で終了するが「デフレ下でもマクロ経済スライドを発動させた上で、給付を少しずつ抑制する仕組みにする必要がある」(大和総研の鈴木準主席研究員)との指摘がある。

| | コメント (0)

平成29年度の年金額改定 ▲0.1%引き下げ

1/27総務省から、「平成 28 年平均の全国消費者物価指数」 が公表され、対前年比 0.1%の下落となりました。

これにより、平成29年度の年金額は、平成28年度から0.1%の引下げとなります。

H29nenkinkaitei

詳しくは、

 ・平成 29 年度の年金額改定についてお知らせします~年金額は昨年度から 0.1%の引下げ~(2017.1.27) → 
こちら


【在職老齢年金について】

平成 29 年度の在職老齢年金に関して、60 歳台前半(60 歳~64 歳)の支給停止調 整変更額と、 60 歳台後半(65 歳~69 歳)と 70 歳以降の支給停止調整額については、 法律に基づき以下のとおり 46 万円に改定されます。

H29zairou

【国民年金保険料について】

国民年金の保険料は、平成16年の制度改正により、毎年段階的に引き上げられ平成29年度に上限(平成16年度価格水準で16,900円)に達して、以後、 その水準は固定されます。
また、実際の保険料額は、平成16年度価格水準を維持するために、名目賃金の変動に応じて毎年度改定され、以下のとおりとなります。

・ 平成29年度の国民年金保険料額は16,490円(月額) (平成28年度から230円の引上げ)

・ 平成30年度の国民年金保険料額は16,340円(月額) (平成29年度から150円の引下げ)
 


| | コメント (0)

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用状況 プラス1.84% 黒字2.3兆円 平成28年度第2四半期

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は25日、平成28年度第2四半期(7月~9月までの3ヵ月間)の運用実績は、株高により、プラス1.84%、運用収益2兆3,746億円となったと発表した。   

平成28年度第2四半期末の運用資産額は132兆751億円となった。

○ 平成28年度第2半期運用実績
 
  ・第2四半期収益率(期間率) 1.84%
  ・第2四半期収益額         2兆3,7462億円
  ・第2四半期末運用資産額   132兆  751億円

○ 資産別運用利回り

  資産別の運用利回りは以下のとおりです

  ・国内債券    △ 1.34%
  ・国内株式       7.14%
  ・外国債券    △ 0.22%
  ・外国株式       3.65%

○ 資産構成割合


Gpifh282q

・平成28年度第1四半期 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況(2016.11.25)→ こちら


GPIF運用益2兆3746億円 7~9月、3四半期ぶり黒字

(2016/11/25 nikkei.com)

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が25日発表した2016年7~9月期の運用実績は、2兆3746億円の黒字になった。黒字は3四半期ぶり。6月の英国の欧州連合(EU)離脱問題などによる混乱が終息し、国内外の株式相場が回復した。4~6月期は14年10月に資産構成に占める株式の比率を2倍に増やして以降の累積で1兆962億円の赤字となったが、7~9月期は再び黒字転換した格好だ。

 9月末時点の運用資産は132兆751億円で、7~9月期の運用利回りはプラス1.84%だった。運用資産は6月末(129兆7012億円)より増加したものの、3月末(134兆7475億円)には届かなかった。

 収益(市場運用分)の押し上げ要因になったのは株式だ。国内株が2兆234億円、外国株も1兆455億円の黒字だった。債券では赤字を計上したものの補った。

 国内債は長期金利の上昇(債券価格の下落)が響き6671億円の損失が出た。外国債も円高進行や米国の金利上昇が重荷になり、398億円のマイナスになった。

 9月末の資産構成は国内株が21.59%、外国株は21.00%だった。国内債は36.15%、外国債が12.51%、短期資産は8.75%になった。

【GPIFの資産構成】
       16年9月末   6月末    3月末 
国内株式       21.59%   21.06%   21.75%
外国株式         21.00%   21.31%   22.09%
国内債券     36.15%   39.16%   37.55%
外国債券     12.51%   12.95%   13.47%

| | コメント (0)

«確定拠出年金 自動移換者数 56.6万人 資産残高1,428億円